岡山の冬の郷土料理 ふなめし



寒の時期、郷土料理といえば「ふなめし」が昔から親しまれています。
岡山には三大河川をはじめ、湖沼も多く岡山はフナの産地として有名です。

熱いご飯に「ふなめし」を汁ごとかけて食べるのも、冬の郷土料理ならではですね。





◆作り方

【下準備】 干し椎茸を水で柔らかくもどしておく。だしをとっておく。

 ふなはウロコ、頭、ワタを取って三枚におろし、腹骨をすき取って皮を引き、身を出刃包丁の刃でたたいてミンチにする。



 ごぼうはささがきごぼうにして、たっぷりの水をはったボールに入れてさらし、アクを抜いておく。
こんにゃく、にんじん、しいたけ、油揚げは短めの短冊切りにする。





 なべにサラダ油大さじ3を熱して、しょうがをいため、1のふなミンチを加えて色が変わるまでいため、調味料で味をつける。




 なべにサラダ油大さじ2を熱して材料をいため、調味料bで味をつけ、3を入れて混ぜる。




 最後に2のセリを加え、熱いご飯の汁ごとかける。

◆コツ

ふなは小骨が多いので、包丁の刃でよく身をたたいて、口あたりのよいミンチにします。

◆メモ

 ふなミンチは市販のものを利用してもよいでしょう。

◆材料(4人分)

ふな(大)・・・・・・2尾
ご飯・・・・・・・・・・4杯
ごぼう・・・・・・・・・3分の1本
こんにゃく・・・・・・2分の一丁
にんじん・・・・・・・60グラム
調味料a
しょうゆ・・・・・・大さじ4
酒・・・・・・・・・・大さじ3
砂糖・・・・・・・・小さじ2
干ししいたけ・・・・2枚
油あげ・・・・・・・・2分の1枚
セリ・・・・・・・・・・3分の1輪
しょうが(みじん切り)・・10c
サラダ油・・・・・・・大さじ3
調味料b
だし・・・・・・・・・4カップ半
塩・・・・・・・・・・小さじ半カップ
砂糖・・・・・・・・大さじ1
しょうゆ・・・・・・大さじ2

参考 岡山の旬のおかずから



[ もどる ] [ ホーム]
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO